2018年4月26日配布の地域新聞に、「フィールドワークのススメ」「千葉の今昔物語」という記事が掲載されました。この2つの記事は私たち千葉・地図ラーの会を取材していただいた内容をもとに作っていただいたものです。

「フィールドワークのススメ」は、特に観光施設のないような場所でも地図を片手に歩けば大いに楽しめるということを、「千葉の今昔物語」は千葉市内の日常にある場所も実は深くて楽しい歴史があることを語らせていただいています。

取材していただいたのは3月末。会長・副会長ともこのときとばかり地図話のマシンガントークを繰り広げ、あっという間の2時間半をしゃべり倒したのでした。話はあっちこっちに飛びまくり、最後はこの話をどうやって記事にするのか、こちらも不安満点の状態のままお開きになったのでした。

ところが、この記事をご覧いただけばおわかりのように、こんなに綺麗に楽しくまとめられていたのです。途中ではここをこうしてほしい、こう書いてほしいとか何度もワガママを言わせていただきましたが、嫌な顔ひとつせずに対応していただき、記事が出来上がるとともにプロの凄さを実感することになりました。

ふだん私たちが思っていること、楽しんでいること、好きなことがキッチリと記事として形になっています。隅々まで読んでいただけると嬉しいです。そして、こんな風にして地図を楽しんでいただくことを切に願っております。

こちらが表紙です