毎年恒例の千葉市民活動フェスタに、今年は千葉・地図ラーの会が初登場します。NPOやボランティア団体が集うフェスタの中で、千葉・地図ラーの会が仕掛けるのはマニアックなフィールドワークです。千葉市をもっと知って、もっと好きになるイベントですのでふるってご参加ください!

(1)トークショー(12:30~13:00)
まずは、きぼーるのステージをお借りして千葉・地図ラーの会が登壇します。ただの活動報告ではありません。その後のフィールドワークのネタを含めて企画のプロが仕掛ける愉快なトークショーをお楽しみに。

(2)ブラタモリ的まち歩き-ミニフィールドワーク(13:30~17:00)
きぼーるを出発して千葉神社、亥鼻山などを歩きます。千葉市の観光マップやお散歩雑誌などでは語られることのない、千葉市の地形の謎や街の歴史、隠れた魅力を解説しながらのまち歩きです。

日時:22017年11月19日(日)12:30~17:00
集合場所:12:30 きぼーる1階アトリウム
(フィールドワークからご参加の場合は13:15にステージ前に集まってください)
※当日は千葉市民活動支援センター主催のフェスタがおこなわれています。
参加費:500円(マップ代等) 当日徴収します。

【追記】歩くコースを決めました。

■前半(13:30~15:00)
きぼーる → 県庁 → 亥鼻山(郷土博物館→千葉大学亥鼻キャンパス) → 丹後用水路 → お茶の水 → 大和橋 → きぼーる

■後半(15:15~17:00)
きぼーる → 中央公園 → 通町公園 → 千葉神社 → 栄町 → 東千葉停車場線 → 市民会館(旧千葉駅) → JR千葉駅

今回は、歩くコースの明治・大正・昭和の市街地の風景写真をお見せしながら、街の変化を味わっていきたいと思います。