夏休みの自由研究は学生だけのものではありません。社会人はなかなか1つのテーマを突き詰めて研究する機会がありませんが、今年の夏休みは6名の大人たちが本気の研究活動をおこないます。

当イベントはその研究発表会です。地図ラー6名が地図・地理・地形に関する研究成果を発表しますので、ぜひ聴きにきてください!

飲みながら、食べながら、地図・地理・地形に没頭できるマニアックな時間を一緒に過ごしましょう。

<発表者とテーマ>
島田泰子氏:「ことばと地理」もしくは「地名に隠された日本語の音韻史」
坪田賢一郎氏:仮題「富津岬と砂州、地形の成り立ちについて」
東寿浩氏:仮題「全国の大学と街の歴史」
川原さえこ氏:江戸川区平井の調査
小川順一:仮題「養老川に刻まれた自然と人間のドラマ」
田中幸穂:仮題「千葉県分水界色分けmap」

日時:2017年10月1日(日)14:00~17:00
場所:神田「ラウンジ彩々」
http://www.saisai.spjt.jp/
会費:2,500円(フリードリンク+軽食)
定員:25名(発表者を含む)

参加ご希望の方は、Facebook千葉・地図ラーの会グループで参加ボタンを押していただくか、このホームページのお問い合わせフォームからお申し込みください。