【イベントレポート】2016.8.28(日)佐原で伊能忠敬先輩と語ろう!

2016年8月28日(日)、今日はずっと楽しみにしていた、千葉・地図ラーの会のイベント「佐原で伊能忠敬先輩と語ろう!」。総勢11名でいわゆる大人の遠足っぽくフィールドワークに行ってきた。

11時にJR佐原駅に集合してまずは朝礼。あらかじめプリントしておいた佐原の観光マップを配っていざ街歩きに出発。地図ラーらしくスマホの使用は控えて、紙の地図を頼りに歩こうという趣旨だ。

まずは駅から徒歩10分ほどで伊能忠敬の銅像に挨拶に行く。伊能忠敬の銅像というと、平成13年に建立された、深川の富岡八幡宮にあるものが有名だが、ここの銅像は大正8年建立という。さすが氏の地元である佐原は年季が違うのだ。
http://4travel.jp/domestic/area/kanto/chiba/narita/sawara/hotplace/10006312/

そして、その隣にある諏訪神社に寄る。ここは嘉永6年の造営なのでさらに古くからのものだ。
http://osuwa3.jp/

そのあとは急ぎ足で佐原の名店「うなぎ割烹山田」でランチ。ここで待ち時間を利用して地図ラーの会らしく、難問満載の地理クイズを決行。例えば、面積の大きな国、1位はロシア、2位はカナダ、3位から5位までを答えてください、のような(答は3位アメリカ、4位中国、5位ブラジル)地図に興味がない人には答えにくい問題で大いに盛り上がった。

待つこと40分くらい、ついに絶品ウナギが登場した。ここのウナギはパリッと歯ごたえがあって中はフワフワの超美味。今までにこんな美味しいウナギを食べたことがあったかなぁと感動した。佐原を訪れたついでというよりも、わざわざ食べにくる価値のあるお店だった。
https://tabelog.com/chiba/A1204/A120404/12000489/

そして運河沿いをのんびり歩いてから、伊能忠敬の生家と記念館を見学。約30分のギャラリートークを聞きながら、地図ラーの先輩の偉業には尊敬の気持ちでいっぱいになった。
http://www.city.katori.lg.jp/sightseeing/museum/

特に50歳を過ぎてから勉強を始め、それから測量の旅に出るというのは当時としても驚きの人生だっただろう。まさに人生を2度楽しむような、何とも羨ましい大先輩の生涯だ。
その後お約束のスイーツは「いなえ」というお店で大好物の「あんずあんみつ」を堪能。あんず好きとしてはもう大満足の味。ここはまた来てみたいお店だ。
http://sawara-inae.com/kanmi/

結局、伊能忠敬先輩というタイトルは薄れる結果になったけど(笑)、みんなでワイワイ楽しく愉快で美味しいまち歩きになりました。ご参加の皆様ありがとうございました!

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)